目標を具体化に設定する

コラム、「エネルギーを注いだものが現実化する」で触れたのですが、何か実現をしようと思考や行動によって、「エネルギーを注いだもの」が現実化します。
しかし、この方法にも欠点があります。その場限りの「引き寄せ」になりがちなのです。ですから、大きな目標を実現したいなら、具体的に目標を建て、毎日心を新たに、実現しようとエネルギーを注ぎ続けなければいけません。
また目標を具体的にすることによって、早く、期限までに目標が実現するようになります。
私は、脱サラして、北海道で整骨院を開業した時に、来年までに年収700万円必ず達成しようと目標を立てた時があります。実をいうと期限までには、それをおしくも達成できなかったのですが、その次の年には達成しました。開業1年目で成功したのは、具体的な目標を立て、本気の決意のもと行動したからだと思います。
その後、お金の目標ばかり考えすぎている自分に嫌気がさし、数値目標をたてなくなりました。お金のことばかり考えていいサービスを提供できていない気がしたのです。そうしたら数年はよかったのですが、その時以上に売り上げは上がらず、少しずつ売り上げが落ちていくようになりました。

今では、しっかりと数値目標だけでなく、様々な目標を立てています。この法則を身体で理解すればするほど、目標通りに叶うようになってきました。